トイレ本体の交換が必要になるほどの水漏れトラブルもある

もしもトイレの水漏れが目の前で起きているなら、臭いがするかどうか確認してみましょう。もしも臭いがするなら、大きな水のトラブルが隠れている可能性があります。トイレの交換が必要になる可能性もあるので、早めのトラブル改善が必須です。

■便器本体と床が設置しているところからの水漏れ

透明な水が漏れているのか、それとも汚れた水が漏れているのか、この二つは水漏れの原因が異なります。もしも汚れた水が漏れているとき、考えられるトラブルのひとつが便器の故障です。便器本体が壊れていることで汚れた水が漏れて、イヤな臭いがたちこめているのです。このとき、便器にヒビが入っている場合は便器本体の交換が必要となります。ヒビが割れたところを応急処置で直しても、ヒビが根本的に直ったわけではないので、また同じことが起きる可能性も考えられます。
そういったことにならないためにも、専門業者に本体交換の工事を依頼しましょう。可能であれば便器本体の見積書もお願いして、経済的なことや今後の生活に必要な機能を考慮した上で、それに見合った便器を購入しましょう。この機会に色んな機能が搭載されたタイプを検討するのもいいでしょう。

■黒っぽい色の水が漏れることも

一見トイレの汚水が漏れているようにも見えますが、トイレを設置してから長い月日が経っているトイレの場合、黒っぽい色の水漏れは老朽化によるものと考えられます。パイプ内にあるゴムパッキンが古くなって、本来の役割を果たしていない状況となっている可能性があります。黒っぽい色はゴムの色なのです。
ゴムパッキンが古くなっているなら、ゴムパッキンを新しく交換すれば黒っぽい水漏れは解消されます。部品を交換するなら簡単そうと思われますが、場合によっては便器を一旦取り外すなどの作業が必要になるため、トイレ修理の予備知識がない素人が安易に手を出すと、元に戻せなくなる可能性もあります。ゴムパッキンそのものは高価な物ではないですから自分で用意もできますし、部品交換に必要な工具があれば出来そうな気がしますが、ここは安全に状況を改善するために専門家に修理を依頼する方が賢明でしょう。

■まとめ
トイレの交換が必要になるほどの水漏れトラブルの多くは、専門家による修理や交換が一般的です。あの独特な臭いが壁紙に染みついてしまうと、トイレ本体を交換してもなかなか臭いはとれません。こうなると壁紙そのものの張替えも必要になるかもしれませんので、汚水による水漏れが起きたときはトイレ本体の交換や壁紙の交換が必要になることも念頭に置いておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ