トイレの水漏れトラブルがきっかけでリフォームが必要になることも

これまで普通に使ってたのに、突然トイレで水漏れが起きたら誰だって慌ててしまいます。不測の事態が起きたとき、冷静に行動するためにもトイレで水漏れが起きる原因を探りましょう。場合によっては、修理やトイレリフォームが必要になる可能性もあります。

■水漏れ箇所を突き止めよう

まずは便座を確認してみてください。便器本体と温水便座の接合部分を見てみると、そこから水が漏れている可能性があります。温水便座は毎日使っていると劣化によって古くなり、それが原因で水漏れトラブルが起こりやすいです。部品交換や温水便座の修理でトラブルを改善できる可能性もあります。
次に給水パイプや排水パイプを確認してください。パイプの接続部分が濡れていませんか。もしも濡れている場合は、そこから水が滴って床が濡れていることもあります。この場合も部品が古くなったことが原因の可能性が高く、部品交換によってトラブルは解消されるでしょう。
床と便器本体の接地している部分も確認しましょう。ちょっと手間はかかりますが、着色用食紅などを溶かした水を便器の中に流して、しばらく様子を見てください。可能なら一晩おいておくといいでしょう。時間が経った後に床に着色した色の水が漏れている場合は、排水パイプで水漏れのトラブルが起きている可能性が高いと考えられます。この場合は素人が解決できるものではないので、自分で直そうを無理をするのは危険です。

■もしもタンクから水が漏れていたら

タンクは水を貯めておくところなので、水が漏れてしまうと大変です。水漏れしている水の色がキレイな場合は、タンクから水が漏れている可能性が大きいでしょう。季節によって湿気などで水滴がついている場合もあるので、一度タオルで表面をキレイに拭いてから、そのあとどこから水が漏れているのかチェックしてください。タンクにヒビが入っているなどのトラブルはタンクの交換が必要です。
タンクに水滴がついている場合、トイレ内の湿度が高いことなどが原因で結露が起きている可能性も考えられます。水が漏れているトラブルとは違うものの、このままの状態が続くとカビが発生する恐れもあるので、換気をするなどの対処をすることをおすすめします。

■まとめ
トラブルがきっかけでトイレリフォームを考える方も増えています。特に劣化によるトラブルの場合は部品交換だけでは解決しないことが多く、本体そのものを買い替える必要がでてきます。専門家に見てもらって劣化によるものと判明したときは、これを機にリフォームを検討してみてもいいかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ